債務整理を検討中の方へ

当サイトは任意整理を大阪でお探しの方に、債務整理全般に特化した弁護士事務所を紹介しています。
また、大阪だけでなく全国の債務整理専門の弁護士を無料ですぐに探せる方法も紹介!
借金の返済ができなくなった方に参考にしていただければ幸いです。

 

当サイトはこんな方にオススメ!

 

・カードローンの返済ができない
・住宅ローンの返済ができない
・車のローンの返済ができない
・その他、借金

 

借金を賢く返済する為には!

借金の返済ができなくて困っている人に、元借金地獄を経験した当サイト管理人が家族や会社にバレずに解決する方法を紹介しています。 ちなみに管理人は数年前まで借金が1200万円ありました!!!(爆)

 

そんな僕でも借金を返済することはできたんです。返済というか返済額を減らしてもらったんですけどね・・・。 そんな管理人の体験談を踏まえつつ、借金でお困りの方に少しでもお役立ち頂ければと思います。 それでは本題に入るとしましょう!! まず、借金が返せなくなってまた新たに借入をするのはNG!!余計にしんどくなるだけです。

 

借金の返済ができなくなった場合はまず弁護士に相談あるのみです! 借金返済の相談は完全無料なので、まずは誰にも言えない借金問題の悩みを全て打ち明けることから開始しましょう!! 管理人も借金の返済ができなくなったときは途方に暮れて正直自殺まで考えたこともありました…。でも思い切って弁護士に相談してみると気持ちが楽になり、返済額を大幅に減らすことができました(>_<)!!

 

借金があると結婚に影響はどれだけある!?管理人の借金地獄体験談

 

 

はじめまして。当サイトの管理人をしているサラゼニです。サラゼニは8年前借金地獄を経験しました。借金の返済ができず途方に暮れました。
ここではサラゼニの借金返済までの体験談を紹介しようと思います。

 

 

サラゼニは昔からギャンブル好きで明けても暮れてもパチンコをしていました。パチンコは一度当たると癖になってしまい止めれません。完全にパチンコ中毒になっていました。

 

 

最初の内は1万2万があっという間に吹っ飛んでいましたが、友達になったパチ友に当たる台を教えてもらい、なんと一気に20万円も当たってしまいました。それからと言うもの、毎日仕事が終わるとパチンコに行き給料の8割ぐらいパチンコに使っていました。もちろん赤字ばかりで運が悪い時もありましたが、コツを掴むと嘘みたいに大金が1日で稼げるし、面白いものです。

 

ただ、その当時真剣にお付き合いしている女性がいました。当時サラゼニも彼女も20代後半。
付き合って2年近くたつと彼女が結婚を口に出すようになりました。その時はパチンコで給料以上の収入があったので養っていけるし、いっそパチプロにでもなろうかと考えていました。

 

 

そんなある日悲劇が…。

 

長年お世話になっていたパチンコ屋がなくなってしまったんです。家の近くにあって稼げる台があったのに…。それから色々なパチンコ屋に行きましたが前ほど稼げる事はなく、気がつけば貯金もなく借金をしてまでしてパチンコに没頭している自分がいました。

 

男05

「あれだけ稼いでたんだからきっとまた稼げる様になる!」その一心でパチンコを止めることはありませんでした。借金は増え続ける一方でついに!返済ができなくなってブラックリスト入りです。毎日カード会社から電話がかかってきて、電話を無視していると最悪なことに会社にかかってきたのです。家賃も払えず、電気もガスも水道も止められ、ご飯を買うお金も残っていませんでした。

 

 

明日ホームレスになるかもしれない…。金がない、どうしよう…。と借金地獄に陥っていると彼女が「債務整理するしかないね。大丈夫。私はあなたの見方だから」と言ってくれました。その時は男泣きしましたね。情けない話です…。

 

 

それから心を入れ替えて任意整理をして、何とか乗り越える事ができました。彼女のおかげです。普通だったらサラ金の借金が大量にある男と結婚したいなんて思わないですよね。もちろんすぐには結婚することはできず、2年後にやっと普通の生活を取り戻してめでたく結婚することができました。向こうの両親に借金した過去を打ち明けた時は大激怒されて、「今すぐ娘と別れろ!」と言われました。2年間必死で働き、どうにか認めてもらいましたけどね。ギャンブルはほどほどにした方が身のためですね。

 

借金の返済ができなくなったひとは、返済するためにさらに借り入れをしてしまいます。でもそれでは絶対に解決しないのでプロに相談するのが一番です!

 

借金の返済ができなくなったらどうすればいい?
私達ができるるだけ避けたいものの一つに、「借金」がありますが、私達にとって借金はきってもきれない関係にあります。
私達は、衣食住の中で生活しており、教育を受け、職に就いていますので、住むのに住宅ローンを組んだり、移動するのに自家用車が必要なのでマイカーローンを組んだり、教育を受ける為に教育ローンを組んだりします。なので、小さな買い物であるクレジットカードの利用だけでなく、大きな買い物などには、ローンを組む事が多々あります。。

債務整理をした方がいい人&家族や職場に内緒で出来るのは任意整理!?

債務整理とは…

 

まず初めに債務整理とは、借金返済問題を解決することが出来ます。
個人が借金返済問題を解決するための法的手段のことを「債務整理」と言います。

 

マネー

債務整理は自分が借金したけど返済できなくなった一部または、全額免除してもらう方法のことを言います。

日常生活を維持しながら支払いを続けるため、支払いを免除してもらえるように整理することを債務整理と言います。

 

借金をしたのは自分だけど、全額はとてもじゃないけど返済出来ないという人は、債務整理をすると一部または全額免除してもらいましょう。

 

債務整理をした方がいい人

債務整理をした方がいい人は、多額な借金をしている人です。

 

・カードローンの返済が出来ない
・クレジットカードの支払いができない
・車、住宅ローンの支払いができない

 

…etc 大きいお金を返せない人向けです。

 

借金したけど、なかなか返済できなくて生活が苦しい、返済すらできないという人は債務整理をすると解決することが出来るかもしれません。

 

借金していることを知られたくなくて1人で悩んでしまうのはわかりますが、それではいつまで経っても解決は出来ないので、出来るだけ早く解決するためにも債務整理を考えてみるといいかもしれません。

 

債務整理の種類を知ろう!

債務整理と言っても3つの種類があるので、紹介していきましょう。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

 

 

 

任意整理

任意整理とは、裁判所に通すことなく債権者と交渉して、借金の減額や支払い猶予を求める手続きのことを言います。

 

自分で交渉を試みる人もいますが、それでは応じてもらうことが出来ないので、弁護士や司法書士に依頼して手続きをしてもらいましょう。

 

もしも手続きをして過払い金がある場合は、過払い金で返済するなどして減額します。
またこれからの利息をカットして、残った借金のみを返信するという風に進めていきます。

 

任意整理は、裁判所に通すことがないので手続きが早く済みます。
そして家族などにバレたく無い場合は、あらかじめ伝えておくと債権者との連絡を弁護士や司法書士が行ってくれるので、バレる確率は低いと言ってもいいでしょう。

 

また任意整理は、任意整理する相手を選んで手続きすることが出来るという所がメリットだと思います。

 

その一方任意整理をするのであれば、残った借金を3〜5年以内に返済しなければいけないので、借金の金額が多いと任意整理出来ない場合があります。

 

もう1つ知っておかなくてはいけないのは、弁護士や司法書士に依頼するということは、報酬を支払わないといけないということです。
でも着手金無料の事務所もたくさんあるので、そういった所を選ぶといいと思います。

 

 

個人再生

 

個人再生とは、裁判所に申し立てをして債務を大幅に減額してもらう手続きのことを言います。

 

申し立て後は、債務の一部を3年で返済するというのが原則になっているので、そのような計画で再生計画案を提出して裁判所から認可を受けなくてはいけません。

 

財布

 

認可を受けることが出来たらその計画案に従い、3年間で返済を行うと、残しが免除されるようになっています。

 

個人再生では、総債務額の5分の1か100万円までの減額が出来ます。
任意整理が出来なくて、借金が多いという人は、個人再生であれば出来る可能性があります。

 

自宅を失いたくないのであれば、住宅ローン特則を使い、それ以外の借金だけ整理することも出来るので、住宅ローンはしっかり返済すれば住宅はそのままに出来ます。

 

※再生計画案が認可されないと意味がありませんし、計画案通り返済が出来ないと取り消されてしまうので注意が必要

 

また個人再生は、任意整理と違い提出しなければいけない書類などがたくさんあり、手続きも複雑になっているので、大変と感じることが多いと思います。

 

自己破産

 

自己破産については知っている人が多いかもしれませんが、自己破産は裁判所に申し立てをして免責を受け、債務を全額免除してもらう手続きのことを言います。

 

自己破産をすれば、借金が全て無くなるので支払いに悩むことは無くなります。
また収入が無い人でも手続きできるのが自己破産の特徴です。

 

確かに自己破産をすれば借金はゼロになりますが、それと同時に家や財産も失ってしまうという大きなメリットがあることは忘れてはいけません。

 

それに保証人がいる場合は、本人の債務自体は免除になるものの、保証人の債務はそのままなので保証人にも迷惑がかかるということをしっかり理解しておかなくてはいけません。

 

その他にも、官報に自分の名前が載ったり、一定期間職業などの制限を受けることになるので、自己破産を簡単に考えるのは避けた方がいいと思います。

 

※自己破産をすると新たな借入が最低5年間はできなくなります

 

このように債務整理と言っても種類があるので、どれにするのかもしっかり考えなくてはいけません。

 

自己破産や個人再生は家族や会社にバレる可能性がある!?

自分がしてしまった借金なので返済が来るしかくなったからと言ってそのままにしておくと大変なことになってしまいます。

 

それに返済が滞ってしまうと債権者からは支払うように指示される督促上が届いたり、電話がかかってくることがほとんどだと思います。このようなことが続けば、家族に借金をしていることなんてすぐにバレてしまいます。

 

だからと言って、債務整理をしたらバレないというわっけではなく、債務整理の種類によってはバレてしまう物もあるので、それを知っておかないと大変なことになるでしょう。

 

債務整理の中でも、自己破産と個人再生は家族にバレやすく、任意整理であれば比較的にバレにくいと言えます。

 

また自己破産や個人再生は裁判所に申し当てをしなくてはいけないことから、必要な書類も多いです。

 

もしも共働きしているのであれば、配偶者の収入書類などが必要になることがあるので、これらを集めようとなると配偶者から「どうして必要なの?」と怪しがられるので、バレる可能性が非常に高くなります。

 

また自己破産の場合は、債務者名義の財産が全てなくなるので、隠しておくこと自体不可能だと思います。
預貯金はもちろん家なども失うことになるので、隠しようがないんです。

 

任意整理なら家族や会社にバレにくい!

自己破産と個人再生はバレやすいということがわかったと思いますが、任意整理はどうなのかというと、任意整理は比較的家族や会社にバレずに手続きすることが出来ます。

 

任意整理は、裁判所に申し立てをしないで直接交渉するので手続きをしても、家族や職場などにバレる可能性が低いと言えます。

 

手続きも必要な書類が少なく、手続きも簡単ですし、家や車、預貯金などが無くなることもないので、任意整理が最もバレにくい債務整理です。

 

また弁護士や司法書士に依頼すると直接連絡することなく、借金返済自体も一旦ストップするのでバレにくいですし、あらかじめバレないようにしてほしいと言っておけば、書類などを発送する時も弁護士の個人名などを使って怪しまれないように郵送してくれるので安心して手続きすることが出来ます。

 

でも注意しなければいけないこともあります。
任意整理した後に支払いが滞ってしまうと、状況伺いの電話や督促の手紙が届くようになるので、そうなると家族にバレてしまう可能性があるので、支払いが滞らないように十分に注意しましょう。

 

任意整理後について

任意整理は最もバレにくいですが、ブラックリストに載ってしまうため、そこから家族などにバレないか不安に感じている人もいると思うので、任意整理後のことについて少しお話します。

 

まずブラックリストとは、個人信用情報に事故情報が登録されるということです。
※正式名称は個人情報機関

 

そのためブラックリストになると、ローンやクレジットカードも使うことが出来なくなってしまいます。

 

金融機関やクレジットカード会社などは、ローンやカードの審査の時に個人情報をチェックして審査を行うため、事故情報が登録されていて信用が無いと判断されると、審査に落ちてしまいます。

 

でも一生ブラックリストにのっている訳ではなく、一定期間が過ぎれば事故情報うは消えるので、その期間だけ我慢が必要にあります。

 

任意整理をしてから約5〜7年間は無理だと思っておきましょう。

 

またブラックリストにのっている間は、住宅や車、子供の教育ローンなども使うことが出来ませんし、クレジットカードを発行するなんて出来ません。

 

そのため、家族が不審に感じてバレる可能性はある物の、ローンなどを組む予定が無ければバレる可能性は低いので安心してください。またクレジットカードの発行は無理ですが、プリペードカードや、ペイペイなどスマホ決済であれば使うことが出来るので、そちらを代用していればそれほど問題は無いでしょう。

 

信用情報について

「信用情報を調べられたらバレるんじゃないか」と感じる人もいるかもしれませんが、個人信用上は本人の承諾なしでは申請することが出来ないので、安心してください。

 

代理人申請と言う方法であれば申請できますが、その時には必ず自本人の身分証明書と委任状が無いと無理なので、書かない限り問題はありません。

 

ネットなら1000円かかりますが、直接出向いたら500円で申請可能です。

 

まとめ

借金をしたけど支払いが難しくなって放置してしまう人がたくさんいますが、それではことが大きくなるだけで解決することは出来ません。

 

また放置していると催促の電話や手紙が届くようになり、家族などにバレてしまいます。
生活が苦しいからと債務整理を考える人がいるかもしれませんが、債務整理と言っても3つの種類があるので、自分に合った物を選んでするようにしましょう。

 

個人再生や自己破産だと裁判所に申し立てをする必要があり、必要は書類が多いため手続きが大変ですし、家族や会社にバレてしまう可能性が非常に高いです。

 

バレたくないという人は、債務整理の中でも最もバレにくい任意整理をオススメします。
自分だけで解決しようと思っても解決するまでに時間がかかったり、何も変わらないままになってしまうので、弁護士や司法書士に依頼して早期解決を目指してほしいと思います。

債務整理をすると会社にバレる?

債務整理には、話し合いで解決を図る任意整理、すべての借金を整理する自己破産、任意整理と自己破産の良いところ取りをした個人再生があります。

 

男03

就業してる方において、職場は生活をする上で重要な場所です。債務整理をする際に不安なのが、職場にバレてしまい、解雇されるのではないかと不安になります。しかし、現在取り立ての方法も厳しく制限されており、会社に押し掛けて来ることは少なくなりましたし、会社に電話があったとしても、不在か否かの確認程度です。

 

電話は、ローンを組む際にも確認の電話がありますから、あまり怪しまれることはありません。例えば、労使において「債務整理を行うと、解雇を行う」と誓約書を交わされていたとしても、無効の申し立てが出来ます。また、多くの場合、債務整理を行う際は、行政書士や弁護士が仲介に入りますから、本人より仲介人である行政書士と弁護士と債務者との話し合いになります。なので会社にバレるという事はありえません。

 

債務整理で仕事を辞めざるおえない場合は?

債務整理でも、退職しなければならないケースがあります。それは、自己破産を行い、士業や警備員に就いている方です。しかし再就職に就けないのは期間があるだけで、その期間を超えれば再び就く事が出来ます。

 

また、債務整理では個人再生と自己破産は裁判所に申し立てを行い、時間もかかりますから、多くの弁護士や行政書士は話し合いである任意整理を行い、困難な場合は別の方法を用いる事が多いようです。

お金を貸すには、貸金業者登録番号が必要!

皆さんは、お金を貸す業者はどのようなモノを思い浮かべるでしょうか。実際、貸金業者には消費者金融やクレジットカード会社の他にも、郵便局や農協、銀行、保険会社や証券会社、担保会社と幅広く展開されています。都道府県名の後に第◯◯号といったように明記されています。

 

貸金業者登録番号は、信頼の証!

貸金業者登録番号は、金融庁などからも検索がかけられます。貸金業者登録番号を登録している貸金業者は、年金利を守られているので、貸金業者の信頼の証になります。もし、貸金業者で貸金業者登録番号が明記されてない場合は、高金利を貸していたりする闇金だったりするので、注意が必要です。

 

↓下記の様にホームページに記載されています↓

 

番号番号

 

悪質貸金業者は、貸金業者登録番号を偽造する?

貸金業者登録番号は、信頼の証なので悪質貸金業者は顧客を獲得する為にあらゆる手段を使います。

 

男05

正規の貸金業者の場合、国もしくは都道府県に届け出を行い、財務局長認可第◯◯号もしくは、◯◯都道府県知事推薦第◯◯号と明記されますが、悪質貸金業者の場合は、財務局長第◯◯号もしくは、都道府県知事第◯◯号といったように、素人にはわからないように明記されています。

 

 

しかし、日本貸金業者会員第◯◯号と明記されていれば、正規の貸金業者ですし、貸金業者登録番号で検索をし、エラーが出れば、悪質貸金業者の可能性があります。

 

正しくお金を借りる為には?

貸金業者登録番号は、大手であれば必ず明記されていますし、大体の正規の貸金業者は金額により金利が違うようです。借りる場合に、返済額と返済回数を考えて、余裕のあるように返済をする必要があります。

 

悪質貸金業者の場合は、フレンドリーな口調につけ込み、お金を貸そうとしますし、最初に金利や返済回数を開示しない事が多々ある為、注意が必要です。

 

上手い話には、裏がありますから簡単に貸してくれる業者には、注意が必要ですし、お金を借りる前に貸金業者登録番号を確認し、正規の貸金業者か否か確認する必要があります。

借金をうまく返済したいけど、弁護士に頼むお金が無い場合どうすればいい?

正規雇用者が少なくなっている昨今、止む終えず借金をしてしまう方が後を絶ちません。
一昔前までは、車や一戸建てやマンションの購入や学費ローンなどが主でしたが、近年は生活費の為に借金をする方が多いようです。

 

 

近年は、貸金業者にも様々な規制をかけられているのですが、気軽に借りやすいクレジットなどから借金をしてしまう方が多いようです。
また、貸金業者もCMなどでクリーンなイメージを全面に出していますから、一応「収支バランスを考えて借りて下さい」という旨は伝えていますが、分かりにくい時のが多いようです。

 

結局、クレジットカードや貸金業者からお金を借りても、急に仕事がクビになったりし、収入減となり収支バランスが取れなくなる場合や、借金を返す為に違うクレジットカードや貸金業者からお金を借りてしまい借金が膨らむ事があります。
借金が膨らむと自分では対処出来ず、弁護士や行政書士に頼む必要があります。

 

相談

 

弁護士や行政書士に頼めない場合は?

 

弁護士や行政書士に頼めない場合は、以下の方法がオススメです。

 

 

行政の法律相談に行く

 

弁護士や行政書士の法律相談を無料で行っていることがあります。広報誌や行政のホームページをチェックし、行政の法律相談の日程を確認します。行政だと、自宅から近いですからオススメの方法です。

 

 

NPO法人を頼る

 

クレジットカードや貸金業者ではなく、090金融や闇金融などでお金を借りて、取り立てに困る場合などは、NPO法人などで取り立ての救済機関を頼る必要があります。また、無理な取り立てで生命を脅かされている場合などには、警察の通報が必要です。

 

無料の法律事務所に相談する

 

男性03

借金に限らず、弁護士費用が払えない場合にオススメの方法です。

国が設立した機関で相談内容により、関係機関に連携してくれますし、弁護士費用などの一部立て替えを行ってくれます。自ら弁護士事務所に頼るより弁護士費用が抑えられるので、今注目の方法です。

 

 

まとめ

借金返済の方の多くはお金に余裕がない方が多く、自分で解決できない方が少なくありません。
しかし、借金問題は、自分で解決する事は難しい為、自己判断せず、専門家や身内に相談することが解決の糸口になります。

ページの先頭へ戻る